マタ垢って何?わざわざ作る必要あるの?何がいいの?Twitterマタニティアカウント作ってよかった話

妊娠当初、妊娠期の辛いことの吐き出しで通常使っているアカウントとは別にTwitterアカウントを作成したんです
知り合いがいるツイッターアカウントだと、妊娠初期につわり辛いとか言えない(安定期まで隠しすから)から
そしたらそれがいわゆるマタ垢(マタニティアカウント)ってやつで、同じようなマタ垢さんをフォローしたりされたり、お互い支え合ってかなり助かったのです!

マタ垢を作る時の事前知識

ここではTwitterに妊娠期専用アカウントとしてマタニティアカウントを作ることを記事にしています
多分Instagramでもマタ垢があると思うのですが、私は Instagramでは作らなかったのでそちらの世界の話はわかりません、ごめんなさい
また、私のマタ垢界隈では、出産してからInstagramに以降する人が多かったです(お子さんの写真を載せたいとのことで)

Twitter:Wiki 140文字以内の短い投稿(ツイート)を入力して呟くツール
TL:Time Lineの略、フォローしている人の呟くが流れてきます
フォロー:つぶやきを見たい人をフォロー(仲間になる感じ)することです
フォロワー:フォローした人のことを呼びます

辛い時に辛いといえる心地よさ

つわりの辛さって人それぞれだから同意できたりできなかったりするよね
それでも辛いと呟くと、誰かがいいね、を押してくれるマタ垢界
それだけで救われることもありました

妊婦ならではのお得情報が流れてきたり!

一人では取りきれない妊娠期のいろんな情報がマタ垢さんと繋がってるとTLに流れてきたりするんです!
妊婦さんだからもらえるサンプルはこれだよ!とか
私も思いつく限りでまとめていく予定なので、こちらの記事も見てみてください!

いろんな知識や便利道具、自分だけでは体験し得ない情報やこれから体験するだろうことを先に経験してくれてるかたからのアドバイスがもらえる!

貴重な生の声:出産レポートが読み放題!

出産までの前2日から入院中の生活を綴ってくれている出産レポートが多いです
第一子出産の時は、出産までと出産後がどんな生活になるのか想像しても想像できない物だと思います
なので私も出産レポートを読ませてもらいました(ただし、予定日近づいてからでいいと思う、あまり早いとドキドキして心配が増すだけだった)
自分が他の方の出産レポ読んで非常に助かったから、とレポート書いてくれる方が多いので、フォロワーさんでも先陣を切って出産された方のレポートが流れてきます!

私も出産レポートまとめているのでよかったらどうぞ!
実際に幾つかの出産レポートを読んで臨んだ出産だったので、頑張っているときに、あ、これ出産サポートで読んだな!とか思い出していました!

Twitterをする上で気をつけること

便利なTwitterですが気をつけることもあるんです
ネガティブな情報(赤ちゃんダメだったとかも)や愚痴(旦那さんや両親、義両親、職場など)もどんどん流れてきます
そういうネガティブな思考は自分のものではないと心に決めて読むこと、引きずられないこと、他人と自分は別の生き物なことの自覚、感情は自分でコントロール
妊娠中で情緒不安定なこともあるかと思うので、その辺り心に決めてTwitterライフを楽しんでもらいたいです!

ネガツイに引きずられそうだったので、自戒を込めて!
私はみんなにポジティブパワーで接したいです!(急に何の宣言w)

うまれる連帯感!出産後も関係を続けられる!

十月十日前後ともにマタニティ期を乗り越えてきたフォロワーさんとは一体感、連帯感が生まれます!
出産に挑む時は、出陣!と螺貝を吹き、生まれました!のつぶやきにはたくさんのおめでとうのコメントがつくことがあります!
生まれてからもご近所さんみたいなので会いましょうとかママ友になったりします!
出産してからも子育ては本当に初めての連続で、子供を産んでからもマタ垢の皆さんには助けられてばかり!
末長く、出産子育てとお世話になることができるアカウントになると思います!